良い塗装工事をするために

リフォームをする動機は家庭によって異なります。例えば、痛んでいる家の修繕やより良い生活空間を作る為、もしくは高齢化に備えてなどは様々な理由を持っています。
しかし、そのような思い出リフォームを行ったとしても中には「工事に失敗してしまった」「思い通りならなかった」という言葉を聞くことも少なくありません。

しかし、これらの声を一様にリフォーム業者の不手際であると決めつけるのは正しいのでしょうか。

  • リフォーム業者とお客様の認識が一致していなかった。
  • リフォーム業者が悪質だった。

ここではこの2つの原因を分けて、
そうならないための対策を考えていきたいと思います。

リフォーム業者との認識不一致

どちらにも悪意がないにもかかわらず、望まれたサービスが行われないというのは両者にとって不幸でしかありません。しかしどこが問題だったのでしょうか?

契約前の話し合いの段階での認識不足

これは、塗装にかかわらず専門的な業者と一般家庭の間ではしばしばおこることです。

まず、業者と個人では塗装に関して持っている知識に大きな隔たりがあります。
例えば、現在ではほとんど使われないアクリル塗料ですが、その長所は「安い」事であると言われます。しかし、その「安い」1つを取った所でその数字が塗装価格なのか、1年あたりのコストなのかは、耐用年数を知らなければ判断できません。

次に相場感の問題があります。
専門的な業者ならば、診断と塗料の選定が終わればある程度の価格の目安は付いてきます。しかしそれをお客様に説明しても分かることではありません。

そこで、双方が納得できるように細かい作業までの工程と見積りが必要になってきます。
この中でも、使う塗料のカテゴリ(ウレタン樹脂など)と塗る回数、工事日数と人員は気を使わなければならない部分です。
塗装費用は塗料の価格と人件費の2つが費用全体の中でも大きな割合を占めています。この費用に下地整理や養生、足場設置などにおかしい部分がないかを確認していけば価格に合わない工事を見分けることができるはずです。

悪徳リフォーム業者の目の付け所

一方、リフォーム業者が悪質だった場合はどうすればいいのでしょうか。ここでも大きく2つにわけて説明していきます。

悪質業者に引っ掛からないためにどうするか

まずは前者ですが、その中で一番頼りになるのが見積りになります。

見積りが詳しく記述されていない、もしくは数字が目安程度にしか書かれていないと言った場合は注意が必要です。また見た目からして見積りがしっかりしているようでも、数字を誤魔化されたらどうしようもありませんので、複数の業者からの見積りを比較検討してみることが賢い方法です。

次に保証書の有無も見ておきたいポイントです。
保証書には主に塗装業者・メーカーなどが、塗料・塗装を何年保証するか書かれています。悪質業者には、保証書がないなら数年で劣化しても逃げられると考えるところが数多くあるようです。

最後に、塗装業者と契約担当者の関係も見ておきましょう。
実は塗装業者が担当者の下請け・孫請けであるケースは数多く存在します。もちろん善良な塗装業者が大半ですが、両者の意思疎通がうまくいかない・過大な中間マージンを得ようとすることも考えられます。

悪質な行為をどう見破るか

悪質な行為は大抵原価を安く済ませるために行われます。逆の立場で考えれば、悪質業者はどの部分でお客様に気づかれないように効率的に稼ぐことができるかを考えてきます。

最初に、シーラーなどの塗料を文字通り水増しする手口が挙げられます。
上で紹介しましたが、塗装の価格は塗料に大きく依存します。そのため塗料の節約は大きな利益につながります。
しかし、塗料に水を混ぜることは塗料の効果が薄くなり想定されている年数に遥かに及ばない時期に劣化が始まることになってしまいます。
この場合、水の混入は大抵隠して行われますので、値段が安すぎる場合は疑ってかかることが必要になります。

次に、下塗り・もしくは必要な上塗りの手抜きが考えられます。
水を入れるのも面倒なので、思い切って作業工程を省略して塗料の原価を浮かしてしまうという手口です。しかし、このような手抜き作業では、もちろん効果はかなり薄くなってしまいます。
ここで覚えておいてほしいことは、塗りの工程は3回に分けて塗って行くのが基本です。工事を見て2回などになっている場合は説明を求めるのが良いでしょう。

最後に、ご近所への対応を見てみるのも効果的です。
外壁塗装の業者は地域ごとに縄張りを持っていることが多く、団地などでは築年数が同じような住居が並んでいることは多くあります。その中で優秀な塗装業者が利益に任せて雑な対応をすることは考えにくいわけです。
塗装前の挨拶や、高圧洗浄や塗装の際に飛散する水やペンキを防ぐ保護などがしっかりしているのかなど、細かい部分もしっかり見ていくとよい工事ができると思います。

サンテックへのお問い合わせ

サービス対応エリア

サービス対応エリア
  • 小田原市
  • 南足柄市
  • 足柄上郡
    (松田町・大井町・開成町・山北町・中井町)
  • 中郡 (大磯町・二宮町)
  • 足柄下郡(真鶴町・湯河原町・箱根町)
  • 茅ヶ崎市
  • 平塚市
  • 秦野市
  • 伊勢原市
  • 藤沢市
  • 綾瀬市
  • 海老名市
  • 厚木市
  • 座間市
  • 大和市
  • 相模原市
  • 寒川町
  • 横浜市
  • 静岡県一部